« サウンド・リアルの「新ルール」 | トップページ | DCC 運転会のお知らせ@都会なプラスポート »

2018年8月16日 (木)

18ホビセンプレゼンテーション講義編 「MP3デコーダー」の賢い使い方

00
1 P3サウンドデコーダーの概要
03_3_2

2 MP3デコーダー 特長と問題点
 
06_5_3
3 MP3デコーダーの可能性
09_8

4 DCC運転の「加速操作」とは
4-1:プログラム:CV3「加速率」の意味
12_cv2
4-2:アナログとの違い
13_cv3
4-3:プログラム:CV4「減速率」の意味
14_cv4
4-4:CV3とCV4を組み合わせると・・
15_10
4-5:DCC運転の加速操作
15_20
4-6:減速操作
15_3
5 サウンド組み込む
5-1サウンドを組み込む
   この運転操作ができるなら・・・
16
 それに見合うサウンドを つくり
   ( MP3ファイルをパソコンで作成します パソコンとサウンド編集ソフトは必要)
17_
各ファンクションに充て込めばよい・・・(設定詳細は 販売サイトのリンクにあります)
11_
5-2:加速操作
18_2
5-3:減速操作
18_3
5-3:一番「安直なサウンドメイク」(笑)
19_1
19_3

6 それでは 運転を楽しめいない?
6-1:鉄橋では 鉄橋通過音だよ
21_
6-2:貸レイアウトのコーナを攻める フランジ音で攻める
22_

7 スマホで ウォークアラウンド・レイアウトを楽しむ
26
7-2:カーブではフランジ音
27
7-3:鉄橋では 鉄橋通過音
28
8 サウンド編集のコツ
24
 
25

« サウンド・リアルの「新ルール」 | トップページ | DCC 運転会のお知らせ@都会なプラスポート »

コメント


サウンドを楽しむという視点では、とても
わかりやすい説明ですね。

ところで 記載いただいたMP3v4ですが、すでに頒布終了品です
v4.5はV5の走行音を回路的に切り離した
ダウングレード版でハード・スケッチ自身 はV5です。
V4は今後生産しないので
V5にしてもらえるとありがたいです
走行音 はあくまでも擬似音なので録音したサウンドと
比較すると劣ります。そこに問題があるなら記載
いただいても構いません。

ご指摘 ありがとうございました。

4.5~”以上”という表現で、一般的に通じるかと思い、変更しました。「4.5の在庫を掃く」という意味でも 効果的かと思います。問題あれば 再訂正します。

電子効果音の製作努力を否定するようで、すみません(笑)。そこは 人それぞれの「こだわり」 とご容赦ください。外で収録した音には、経年劣化 イレギュラー、擦れ、車輪空転と、実音ならではの「味」があります。壊れかけたサウンドをあえて求めることは、ウェザリングして模型を汚すことと 似たもの同志かもしれません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« サウンド・リアルの「新ルール」 | トップページ | DCC 運転会のお知らせ@都会なプラスポート »