« 2019年9月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月

2019年12月31日 (火)

【A4モジ】ウェイブモジュール 平行四辺形ボード

ウエイブ・モジュールのベース「平行四辺形」ボードの作製を紹介します。
いたって簡単。

A4パネル。画材店にあります。このボードは世界堂で入手。400円ぐらい。ちなみに、サイズがA4なのは、私の所属するサークルが「A4横(297mm)」をルールにしているためです。このルールを守らないと、モジュール全体が繋がりません。さて、どうやって折り合いをつけるか?

A4

対角線に切断して、2つの直角三角形をつくり、

A4_20191231123601

元の長方形の長辺をつなげる。高さA4横の平行四辺形のできあがり。

191230_a4

これをモジュールに組み込んでも、モジュールの横幅はA4横に同じで、元の長方形と同じです。よって。パネルはジグザグに配置されても、モジュール全体の整合性を乱すことはありません。

アタマいい?って、これ、小学3年生の算数ですよ。こういうカタチのモジュール、前代未聞でしょ。高校生の鉄模コンテストでやったら面白いかな。私が現役なら、部長に進言するけどね。こういうイタズラ。

やはり、こういう発想が出てこないのは、日本の教育に問題があるんです。つまり、中学受験だ、なんだかんだで、塾では「平行四辺形の面積公式」を詰め込ませるけど、お受験では”地頭力”が育たない、ってこと。

とっても。でも、頭の固い主催本部(KATO)から、怒られるかな。「みんなの和を乱すな!」とか。

191230_a44

え、直線ボードなら直線線路を置くべき?そんな頭は硬すぎ!。固定観念は捨てましょう。ぐにゃりとS字に曲がった線路配置。見えてきませんか。さまざまなシーナリィが。

191231_20191231133001

 

 

 

 

 

2019年12月28日 (土)

【A4モジ】レイアウト設計 ウエイブ革命

 

モジュール・レイアウトに 設計なんてある?。そう問われて当然ですが、あえて提案

モジュール・レイアウトは、モジュール(部分)の「寄せ集め」で成り立ちます。ですから、他のモジュールとの「接続規格」は、厳守しなければなりません。

たとえば、左右の線路の位置がズレれば、全体のエンドレスが構成できなくなりますし、まして、高さが揃わないと、モージュールの接続すら、出来ません。

それゆえに、線路配置(レイアウト)は ワンパターンになりがち。とくに、コンペティションでは 線路配置を「強制」されます。ここには「線路パターンを創造する」という意味で、設計はありません。

問題は「その後ある」と、私は思います。

モジュールの「絵の構図」

問題は、モジュールの「絵の構図」が、「線路パターン」に縛らてしまうことです。

ボードに直線を敷いて、両脇にストラクチャーを置く。これは、直線ボードの定番です。ここでは、個々のボードを接写モードで見るのではなく、ちょっと引いた目線で、モジュールレイアウト全体を眺めてください。

「なんだ?この単調な線路パターンは」と、感じませんか?

線路を曲げる・・・ウエイブ配線レイアウト

絵の構図を変えるなら、線路を曲げてしまえばよいのです。自分の持ち分の範囲内で、なおかつ、他のモジュールに接続できる、線路配線を設計すればよいのです。

具体的に代案を提示しましょう。「コサイン・ウエイブ配置」です

下記の図で、使用するパネルは、A4横×4枚。線路はトミックスの既成線路。CL541-15、S70です。これで、こんなパターンを設計できます。コサイン(もどき)の線路配線。全体の長さ約120センチ×幅21センチ。横位置が、元に振れ戻るので、他のモジュールとの接続に支障はありません。

190921_20191228223301

 

この際、ボードも曲げる

 ・・・平行四辺形ボード 

曲げるのは「線路」だけ?いえいえ、ボードをA4長方形から「平行四辺形」に変えましょう。線路パターンをウエイブするなら、ボードもウエイブさせれば、収まります。

これで、情景の余地が格段に広がります。たとえば海岸を走るローカル鉄道モジュール。

191228_20191228224101

なお 「平行四辺形」は 長方形を弄れば、簡単にできます。これは「算数」の問題(笑)

つまらないエンドレス・パターンにアクセント

・・・「オメガ・ループ・セクション」

カーブだけで構成する「オメガセクション」。モジュールレイアウトに組み込めば、単調エンドレス型モジュールレイアウトに、おおきなアクセントがつきます。さながら、半島セクション(笑)。あるいは、ファッションコレクションのランウェイです。モデルさんは、もちろん、鉄道模型です。

(・・・ちょっと そこのお客さん 踊り子さんには手を触れないよう おねがいします。)

190921_20190928075801

レイアウトって、何?

オメガセクションの線路パターンから、どんな絵(風景)をイメージできますか?

モジュールレイアウトを覗きこむこと。これを1分の1スケールで、動画再現すると、こんな感じです。、

 

 

 

 

線路は続くよ どこまでも、ただし、まっすぐじゃないゾ

 

 </p>

一般に、レイアウトの線路設計では、線路を複雑に絡めてしまいがち。その結果、レイアウトでは、線路がいくつも立体交差し、何本も並列に走ります。

でも、そんな風景は、都会の、ごく限られた場所にしかありません。まして、ボード上に占める線路用地の割合が、半分を超えるようでは、これはもう「線路地獄」です。

運転は、楽しいかもしれませんが、風景としては、かなり息苦しい。

レイアウトは、役者(模型)が歌い踊る「舞台」です。そんなに線路を引き回さなくとも、あるいは、単線1本でも、舞台はできるのではありませんか?

この動画が、示唆してくれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 2019年9月 | トップページ | 2020年1月 »