« 【雑談】プログラミング教育と鉄道模型趣味の衰退と・・・ | トップページ | 【A4モジ】モバイル・モジュール・レイアウト »

2021年2月23日 (火)

【A4モジ】100均樹木:誰も作らない?凍える落葉樹

今回の工作は、この「凍える落葉樹」

210207

・落葉樹特有の末広がりな枝ぶり。空気を纏ような発色。この色は何色でしょうか?。「薄いグレイ」それとも「あずき色」。見ての通り、枝というものは、日光が順光で当たると、既製品の「黒」や「こげ茶」には発色しません。もちろん、日光が逆光の場合や、夕刻に日が景げれば、発色はなく、枝は「黒」にしか見えません。

ジオラマ素材が充実した今日、「葉を落とした落葉樹」ぐらいあるだろう・・・と、思ってました。意外にも、既製品では存在しません。

どうやら、ジオラマの世界では「樹木には、緑の葉が生い茂るもんだ」というのが、常識らしいです。そのバージョンで、模型店には、花満開のサクラと真っ赤に紅葉したカエデ、その隣に雪を背負った針葉樹が、置いてあります。けれど、最初の画像にあるような「葉を落とし、凍えている落葉樹」は、ありません。

動画にも、「樹木の作成法」は、いくらでもアップされています。が

 

世界中の動画を探しても「葉を落とした落葉樹」は、見つかりません。

枝キットに、化学繊維を纏わせる手法が、淡い発色を出す点で、一番近い手法かもしれませんが、細かい枝は、再現できません。

そうなると、「え?ない?なければ作る!」しかありません。今回も「百均素材」で、リアルに挑戦します。正直言えば、お金がないのです。

用意するのは、ワンコイン(500円)と10本の指・・・持ってるでしょ?

【素材】

麻縄  瞬間接着剤 たけひご(芯材)絵の具・・・ 

【手順】

①:麻縄を10センチに切って。これが「大枝」

②:1/3ぐらいの点に、「ほずれ防止」の瞬間接着剤を滴下。

Dsc_0293_20210215192601

③:縄は、3つの繊維の「撚り込み」で、1本のひもにしてあります。「撚り」をばらして、中枝3つを分岐。

Dsc_0303

 (繊維がほどけたら、瞬間接着剤を1滴。その後、ほどけた繊維を撚り直します。接着材がにじみでるくらい、ぎゅっと撚直す。30秒で固まり、引き締まった枝になります。

Dsc_0304

④:分岐した3つの中枝の、ピンセンットの先端でほぐす、あるいは、指先で繊維を裂くかして、細かな繊維で、小枝をつくります。

Dsc_0299

いろいろ 試行錯誤することは、楽しいですよ。(しかも、お金はかからない)

Dsc_0280_20210215213101

➄ハードパステルで、小枝部分を着色(汚し)ます。

Dsc_0300

何本かまとめると、樹木らしくなる。

Dsc_0302

➄:芯材として「たけひご」を用意。1つのタケヒゴの周囲に、8~10本の大枝を木工ボンドで張り付け。

Dsc_0296_20210215212201

⑥:幹を着色します。(「グレイ」にします。)

⑦:レイアウト配置。

210221

 途中までは、上手く進めていたのですが、レイアウトの置いて、「うーん?」なんか違う?。 枝がボサボサすぎた?発色が明るすぎた?(サクラ満開みたい?)

 2102072_20210207000201

 実物も 「サクラ満開」みたいに見えなくもない。これは、太陽光線のイタズラですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 【雑談】プログラミング教育と鉄道模型趣味の衰退と・・・ | トップページ | 【A4モジ】モバイル・モジュール・レイアウト »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【雑談】プログラミング教育と鉄道模型趣味の衰退と・・・ | トップページ | 【A4モジ】モバイル・モジュール・レイアウト »